ウォルト・ディズニー・ワールド旅行、パックツアーと個人手配どっちが良い?

2017年7月10日

大分寒くなってきましたね。

明日からのボストン出張はむちゃくちゃ寒いだろうな、と怯えています。

こんにちは、ricebag(@ricebag2)です。

フロリダ、オーランド近郊(レイクブエナビスタ)のウォルト・ディズニー・ワールド(WDW)に行きたいな、と思ったときに、まず迷うのはパックにするべきか、個人手配をするべきか、というところだと思います。

今回は、どんな人にパックが向いていて、どんな人に個人手配が向いているのか、解説したいと思います!

 

WDW旅行について、他に知りたいことがある方は、以下のページに目次がありますのでそちらからお探しください。

 

パックと個人手配の違い - 一般論

パック旅行やパッケージツアー、ツアーなどと呼ばれる旅行商品は、航空券とホテルがセットになったものです。通常は、旅行代理店と呼ばれるお店が販売しています。JTBとかHISとか、そういったお店ですね。

ちなみに、パックやパッケージという記載の場合には、航空券とホテルのセットのみの場合が多く、ツアーという単語が入ると添乗員さんが案内してくれるような、行き先から何からすべてお膳立てされているものである場合が多いようです。意外とこの違いを曖昧にしたまま、言葉を使ってしまっていることが多いですよね。

これに対して、個人手配では航空券やホテルなどを1つ1つ自分で手配していきます。手配自体は、旅行代理店に依頼しても良いですし、航空会社やホテルに直接予約することもできます。

この違いだけ見ると、パックやツアーは「楽」、個人手配は「面倒」という印象になるかと思いますが、その他にも様々なメリット・デメリットがあります。

WDW旅行に限らず、海外旅行に出かける際にそれぞれの方法を使うときのメリット・デメリットを詳細に見ていきましょう。

 

ツアーのメリット・デメリット

多くの日本人が海外に出ることに少なからず畏怖の念を抱いていた時代にはツアー旅行が流行しましたが、現在では旅行者それぞれに旅行の目的やこだわりが出てきています。

このため、画一的なツアーでは対応できない場合も多いことから、ツアー旅行の件数は減少傾向にあるようです。

ツアー旅行のメリット

  • 大抵の場合、ガイドさんが付くので、現地の言葉が全くわからなくても問題ない。
  • ガイドさんがいるので、現地でのトラブルも安心。
  • 行き先も全て決まっているので、悩む必要がない
  • 旅行会社が上手くプランニングしていると、普段入れないようなところに入れたり、行列を飛ばしたりできる場合がある。
  • 食事も全て決まっていて、そこそこのクオリティが保証されている。
  • 複数グループ一緒に行動するので、一緒になった人と仲良く慣れる可能性がある。
  • 格安の航空券やホテルを組み合わせてツアーを構成することが多く、個人手配よりも割安な商品がある。

 

ツアー旅行のデメリット

  • 行き先や滞在時間などが全て決まっているので、ゆっくりしたいのに、とか、あそこを見たいのに、といった融通がきかない。
  • ガイドさんの質にはバラツキがあり、ハズレのガイドさんに当たってしまうと旅行自体が残念なことに。
  • 知らない人と行動をともにすることになるので、一緒にツアーに参加する人の当たりハズレもある。
  • 大抵の場合は最少催行人数が設定されていて、その人数が集まらないと旅行自体がキャンセルになる。
  • 人気の時期には、個人手配よりも割高になることが多い。
  • 格安のツアーはいわゆる「弾丸ツアー」になっていることが多く、主な見どころを高速で見て回る、とっても忙しい旅行になる。

といったところです。基本的には、「とりあえず主要な観光地を見ておきたいけど、予定を組むのが面倒」とか、「はじめての海外で不安が大きすぎて、案内してくれる人がいないと無理」といった方向けです。

 

パック旅行のメリット・デメリット

パック旅行は航空券とホテルがセットになっているもので、その他の行動は全て自由です。

パック旅行を購入すると、「オプショナルツアー」というものもあわせて購入できる場合があり、こちらを組み合わせることで1日だけ観光地を巡るツアーに参加する、といったことも可能になります。

個人手配とツアー旅行の間をとったような形式ですね。

パック旅行のメリット

  • 大抵の場合には、旅行会社が確保している安い航空券とホテルの部屋を組み合わせてパッケージ商品を作るため、比較的安価。
  • 商品を指定すれば飛行機の便もホテルも決まるため、予約が簡単。特に乗り継ぎについてあれこれ悩む必要がない。
  • 航空会社やホテル関係でトラブルがあっても、旅行会社を間に挟むことができるので、交渉が楽。特に旅行会社の現地オフィスがある場合は恩恵が大きい。
  • 観光先や滞在時間など、現地についてから現地を出発するまでの旅程は全て自由に決めることができる。

 

パック旅行のデメリット

  • 時期によって、商品によっては個人手配よりも高い。
  • 飛行機の便をずらしたいとか、乗り継ぎの経由地を変えたいとかいった要望は基本的に通らない。
  • 現地3泊や4泊などと、拍数を決められている場合が多く、自由な期間滞在できるわけではない。
  • 滞在中の行動は全て自分で計画を立て、自分で責任を持って行わなければならない。
  • 最安のパックは直前になって発売されることもあり、いつ発売されるかがわからず旅行の計画が立てづらい。

といった感じなので、「旅行中は自分の好きなように行動したいけど、全部バラ取りするのは面倒!」という方や、「あっ! 行きたかったあそこに行けるパック旅行が安い!! 安い日程でお休み取れるし、行っちゃお♪」というような衝動的な旅行ができる方に向いた方法だと思います。

 

個人手配のメリット・デメリット

個人手配になると、航空券もホテルも、現地での活動もすべて自分で手配をします。

個人手配のメリット

  • 旅行日程の自由度が高い。日帰りの弾丸ツアーから、月単位のバカンスまで。
  • 好きな時間の飛行機、好きな経由地、好きな航空会社などを選ぶことができる。
  • ホテル選びも自由度が高い。
  • ネットでしっかりと情報収集をすれば、最も安い手配方法となることもしばしば。

 

個人手配のデメリット

  • すべての旅程を自分で考え、自分で予約をしなければならない。
  • 現地でのトラブルなどもすべて自分の責任で対処する必要がある。
  • きちんと情報収集をしないと、割高になってしまうことも。

ということで、旅行に色々とこだわりがある方、時間をかけていろいろ調べてでも安くあげたい方向けの方法です。

ちなみに、個人手配の仕方としては、主に2種類があります。

1つは旅行代理店を通して申し込む方法、もう1つは航空会社やホテルに直接予約をする方法です。ネットが普及する以前は、海外旅行でホテルに直接予約というと、英語などの現地の言葉で電話をかけなければならず、かなり難易度が高いものでした。しかしながら、ネットが普及した現在ではホテルのホームページや、エクスペディアなどのホテル比較サイトから予約できるようになり、かなり簡単にできるようになっています。

このように、直接予約の難易度が下がってくると、気になるのは旅行代理店を通すことのメリット。このあたりは、後日航空券の予約方法について書くときに、あわせて書いていきたいと思います。

 



 

WDW旅行の場合はどの方法が良いの?

WDWの場合、ガイドさん付きのツアーで楽しむような場所ではありませんので、WDWだけを目的としたツアーというのは多くないようです。

そうなると、選択肢はパック旅行か個人手配か。一体どちらが良いのでしょうか。

 

価格を考える

まずは、価格を重視する場合。

実は、WDWの直営ホテルに滞在する場合、公式HPより安く滞在する方法はほぼありません

WDWの直営ホテルは何もしなくても稼働率が非常に高いので、わざわざ旅行代理店などに安く提供する必要が無いのです。むしろそんなことをしては、ブランドイメージの悪化につながってしまいます。

ということで、旅行代理店を経由するパック旅行では、ホテル代だけを考えると個人手配よりも割高になる場合がほとんどです。

 

では、航空券はどうでしょうか。こちらも、ネット上の予約システムが成熟し、普及した現在では、旅行代理店におろすパック旅行用の航空券と、航空会社が直接販売する航空券との販売額の差はほとんどなくなっています。

特に人気路線ではその傾向が顕著で、航空会社から直接予約したほうが安い場合も多々あります。オーランドに行くためには、アメリカ国内の何処かの空港で乗り継ぎをするのが便利なのですが、日本とアメリカのハブ空港を結ぶ路線はいずれも人気路線。更に、アメリカ国内のハブ空港とオーランドを結ぶ路線も人気が高い、ということで、航空券についても旅行代理店を通すメリットはあまりありません。

以上の面から考えて、基本的には個人手配をしたほうがお得です。

 

基本的には、と書いたのは、例外もあるからです。例えば、旅行会社が繁忙期に直前まで予約を確保できるよう、WDW直営ホテルに多めの予約を入れていたとします。結果的に、予想していたよりも少ない数しか予約が入らなければ、それらの予約は安い金額で放出される場合があります。航空券も同様です。

ただし、注意しなければならないのは、これらの格安パックはいつ発売されるか読めない、という点。特に、WDWはレストランの予約が180日前から、ファストパスプラスの予約が60日前から始まりますので、どんなに遅くても60日前には予約を確定させておきたいところ。

やはり計画して旅行に行くためには、個人手配のほうが良さそうです。逆に、ファストパスの取得などにこだわりがないのであれば、こまめに旅行会社のパンフレットをチェックするのがおすすめです。安い商品を見つけたときに決めてしまう、というのが綿密な計画を立てるよりも気軽で良い、という方もいらっしゃるはずです。

 

安心を考える

WDWとはいっても、やはり海外。

特にはじめての海外旅行だったりすると、いろいろと不安なことも多いですよね。

WDWの直営ホテルに泊まる限りは、ホテルのフロントでは通訳を介した3者会話に対応していますし、各パークのゲストリレーションには日本人のキャストさんがいらっしゃいます。

ですので、WDWの中ではどんなに困ったことがあっても、なんとかできるはずです。

 

ということで、不安があるとすれば、入国や飛行機の乗り継ぎ、空港からホテルまでの移動などでしょう。

ただ、入国審査については他人が関与することはできません。現在では、アメリカの入国審査は日本語にも対応した自動入国審査機と対面式の入国審査の2段階方式となり、英語が苦手でも不安に思うことは少なくなりました。ですので、ここは問題ないでしょう。

 

次に、飛行機の乗り継ぎの問題があります。アメリカでの乗り継ぎは、乗り継ぎ空港で一度税関の審査を受ける必要がありますので、一旦航空会社に預けた荷物を受け取り、再度航空会社に預ける必要があります。更に、アメリカの空港はとても広い。ターミナルが5つも6つもあることはザラで、ターミナル間の移動にはトラムやバスなどを使わなければなりません。そして、飛行機搭乗前のセキュリティチェックでは、靴をぬぐことを要求されたり、一部の乗客はX線のスキャンを受けることを要求されます。言葉がわからないところで慣れない移動などがあると、戸惑うことがあるかもしれません。

一部のパック旅行では、こうした乗り継ぎを案内してくれるガイドさんが付く場合もあるようです。

 

また、同様に不安に思うことがある空港からホテルへの移動、ホテルでのチェックインなどにガイドさんをつけてくれるパックもあるようです。

海外旅行に慣れていなくて、特にWDWの直営外のホテルに泊まる場合には、パック旅行のほうが安心できると思います。

 

こだわりを考える

せっかくのWDW旅行ですから、気に入ったホテルに宿泊したいですよね。

でも、パック旅行ではすべてのホテルが商品として用意されているわけではありません。

ですので、もしこだわりのホテルがあって、パック旅行が見つからないようなら個人手配してしまいましょう!

 

また、初日の到着時間は早めが良いとか、帰りの飛行機は朝ゆっくりにしたいとか、飛行機の時間にもこだわりがある場合、個人手配のほうが良いです。

 

 

 

以上で、このブログを読まれている方にとってどちらが良いのか、判断できる材料は揃ったのではないかと思います。

僕の場合には、180日以上前に予約ができて、かつできるだけ安い方法が良い、しかも、飛行機の時間にもこだわりたい、ということで、個人手配をしました。

海外には何度も行っていて、殆どの場合で個人手配をしているので、慣れているという理由もあります。

 

どうやって安い航空券やホテルを探すのか、どう判断したら良いのか、他にどんな準備をすればよいのか、といったことは、後日別の記事で書いていくことにします。

 

次に読むのにオススメの記事

 

個人手配をされる方は、まずは以下の記事をご覧ください。

 

ツアーやパック旅行を探される方は、以下のページをご覧くださいね。

 

今回はこのへんで。それでは~