ツアーやパック旅行でウォルト・ディズニー・ワールドに行こう!

2017年7月10日

tour-conductor

こんにちは、ricebag(@ricebag2)です。

以前に、フロリダ、オーランド近郊(レイクブエナビスタ)にあるウォルト・ディズニー・ワールド(WDW)に行くにはツアーやパックが良いのか、個人手配のほうが良いのか、その比較をする記事を書きました。

 

今回は、そのうちツアーやパックを選択された場合に、どんなメリットやデメリットがあるのか、予約方法の詳細などをお届けしていきます!

 

 

スポンサーリンク

ツアーやパックのメリット

ここでは、ツアーやパックを利用してWDWに行くことのメリットをご紹介します。

以前に、ツアーと個人手配の比較をご覧になった方には繰り返しになってしまうかもしれませんが、メリットやデメリットを知った上で予約をすることは非常に重要ですので、しばらくお付き合いくださいね。

 

はじめての海外旅行でも安心!

これは、特にツアーを利用する場合のメリットなのですが、やはりツアーを利用することで得られる最大のメリットは「安心」です。

ツアーで得られる安心には2点ありますが、ここではまず1点目、「交渉ごとの安心」をご紹介します。

 

WDW旅行はディズニーの世界とはいえ、海外です。日本のように重箱の隅のような細かいところまで気配りが行き届いているわけではありませんし、習慣などで「あれ?」と思うことも多くあると思います。

特に一番困るのが、WDWへのアクセス。つまり、飛行機の部分です。まず無いことだとは思いますが、米国の入国審査で失敗すれば、最悪の場合入国すらできずに帰らなければならない、なんてこともありえます。

さらに、WDWのあるオーランドへは日本からの直行便がありません。アメリカ国内のどこかの空港で乗り継ぎをする必要があります。言葉の通じない国で入国審査をして、荷物を受け取って、税関に荷物の内容を申告して、荷物を預けなおして、次の飛行機が出発するターミナルに移動して、保安検査を受けて…といった一連の作業をこなす間に不安要素が幾つもあります。ましてや、到着する飛行機が遅れてしまったら、これらの作業を飛行機に間に合うかどうかハラハラしながらやらなければなりません。

もし到着の飛行機が遅れて、オーランド行の飛行機に乗れないとなれば、振り替えの交渉をする必要が出てきます。できるだけ早くオーランドに到着したいでしょうから、航空会社都合の遅延なら他社便の最も早いやつに振り替えろ、といった交渉をする場合もあるわけです。

相手の言っている英語もわからなければ、こちらの片言の英語も伝わらない、海外旅行もはじめてで慣れていない…という状況で、トラブルに対処するのはとっても大変です。

 

また、たとえトラブルがなかったとしても、まわりに日本語の通じる人が1人もいない状態ですと、レストランやファストフード店で食事を注文するのすら意外と難しいんです。そんな状況に何日も置かれていると段々と不安がつのり、ストレスも溜まってイライラしてしまいます。

そのせいで、一緒に旅行をしている人と喧嘩になってしまったり。

 

そんなときに、日本語で相談できる人がいると安心できますよね

ツアーであれば、空港での乗り継ぎや、空港からホテルまでの送迎、チェックインのお手伝いなど、到着時、出発時の様々な手続きについて日本人スタッフがお手伝いをしてくれる場合が多いです。

さらに、WDWの中では添乗員さんは同行しない場合が多いのですが(むしろ、パークを好きにまわりたいのに一緒についてきて案内をされると、うっとうしいかもしれませんね)、連絡先は教えてくれますので困った時やトラブルの際には連絡して相談することができます。簡単に解決できないようなトラブルであれば、スタッフの方がやってきて手伝ってくれる場合もありますよ。

 

これだけサポート体制がしっかりしていれば、はじめての海外旅行でも安心ですよね。

せっかくWDWに行くなら、海外旅行につきものの不安はできるだけ少なくして、全力でディズニーの世界を楽しみたいところです。

そんなときには、ツアーがおすすめですよ。

 

 

細かな手続き忘れなども安心

個人手配をしていると心配なのが、支払いや予約、細かな手続きなどを忘れてしまうこと。

個人手配の場合、以下のすべてを自分でやらなくてはなりません

 

  • 航空券の手配と支払い(通常、予約から24時間以内に支払いをしなければなりません)
  • 航空会社へのパスポート番号、滞在先の申告(搭乗の24時間前までに申告をしないと、飛行機に乗れません)
  • 宿泊先の手配と支払い(アメリカの場合、ほぼクレジットカードは必須です)
  • ビザの申請(アメリカの場合、短期であればビザは不要ですが、ESTAというシステムへの申請が必要です)
  • パークチケットの手配(日本語に対応していない(対応してはいますが、Google翻訳をかけたような変な日本語です)WDW公式サイトから手配する必要があります)
  • レストランの予約(同様にWDW公式サイトから)
  • 空港からホテルまでの交通手段の確保(WDW公式ホテルであれば、公式サイトからバスを予約します)
  • WDW以外の施設に行く場合は、チケット、交通手段等の手配
  • 海外旅行保険の手配

 

これ、全部を自分でやろうと思うと、なかなか大変です。

ツアーであれば、航空券や宿泊関係、パークチケット等は申込時にすべてやってくれます。

ESTAの申請は自分でやらなければなりませんが、リマインドのメールや電話を頂けるので、忘れる心配がありません。申請方法はこのブログでも以下のページで詳しくご紹介しています。

レストランの予約は、別料金で代行してくれるところがあります。

WDW以外の施設についてもオプショナルツアーを組んでいるところが多いので、旅行会社を通してツアーの申し込みができてしまいます。

 

これだけのことをまとめてやってもらえると楽ですし、予約忘れなんてこともなく安心ですよね!

 

 

旅程を細かく考えなくてもOK

WDWの場合は現地についてしまえばあとはパークで遊ぶだけなのですが、個人手配だと、実はそれまでの段階に考えておかなければならないことがあります

それは、米国内空港での乗り継ぎ。これが意外とやっかいで、乗り継ぎ時間が短すぎると到着便が遅れた場合に危ないですし、空港内での手続きが間に合わない、ということもありえます。

一方で、乗り継ぎ時間が長すぎると空港で暇を持て余します。

こういった細かいことに気を揉まなくてよいのがツアーの良いところ。出発日と帰国日、ホテルさえ決めてしまえば、あとは予約をするだけで細かいところはすべて旅行会社が決めてくれます。

しかも、乗り継ぎ時には現地スタッフが同行してくれますから、万が一のことがあっても交渉は代行してもらえます。

 

 

オプショナルツアーが充実

ツアーで旅行に行けば、旅行会社が設定しているオプショナルツアーに参加できます。日本語のできるスタッフが付いてくれますし、以下のような細かい要望にも答えてくれるツアーもあります。

 

  • やっぱり英語が不安なので、パークもツアーで回ってしまいたい
  • 2パークを1日でまわりたいけど、人気アトラクションをどう回れば効率が良いのかわからない
  • 現地のスーパーに行ってみたい
  • ショッピングモールやアウトレットに行きたい
  • シーワールドやユニバーサルスタジオなどにも行ってみたい

 

僕は個人手配で旅行に出かけてしまうことが多いのですが、個人手配で旅行に行っているときにこうしたツアーに参加されている方を見ると、やはり英語で交渉事をこなす必要が無いのでちょっとうらやましく感じます。

オプショナルツアーでスーパーに行ったら会計方法まで教えてくれますよ。

 

 

ツアーやパックのデメリット

こんな感じでメリットの多いツアーやパックですが、やはりデメリットも存在します。

いくつか見ていきましょう。

 

個人手配よりちょっと高い

最近、インターネット社会になってこのような流れが進んでいるのですが、ホテルや航空会社が安く旅行会社に提供しなくても、宿泊者が直接ホームページから予約してくれるようになりました。

なので、旅行会社に格安の部屋や座席が提供されることは少なくなっているんです。

WDWはこの流れが顕著で、基本的に公式サイトからの予約が最安です。仮に旅行会社がそれより安く提供していたとしたら、おそらく旅行会社が赤字を被っています。

そういう状況ですので、個人手配よりも安いツアーが出てくることはなかなかありません。出発日が近い状況ではそのようなことが起こり得なくもないのですが、基本的には個人手配よりも高いと思っておいたほうが良いでしょう

なので、ツアーやパックには価格面でのメリットはなく、むしろその差額分で利便性や安心を買っているんだという認識をしておきましょう。

 

 

日程や目的地の融通が利かない

例えば、「WDW6日間の旅」というツアーであれば、それを7日間の旅に変更することは難しい場合が多いです。

大抵の旅行会社では、4日間くらいから8日間程度まで、様々な日程のツアーを用意してはいますが、それより長くしたいとか、ついでに別の都市に行って観光をしたいとか、そういった融通は聞かない可能性が高いです。

やはり、ツアーとしてパッケージングしているからこその利便性や安心感なんだと割り切ってしまいましょう。

 

 

では、どこの旅行会社が良いの?

ということで、価格面や旅行内容の融通などにデメリットはあるものの、ものすごい安心感と利便性が得られるツアー旅行。

海外旅行には色んな会社がありますが、どこの会社から申し込めばよいのでしょうか。

僕のオススメは、JAL PAKです。何点か理由を示しながら、JAL PAKを使う利点をご紹介しますね。

 

オンライン専業ではないほうが良い

最近は、DeNAトラベルや楽天トラベルなど、オンライン専業の旅行会社がパック旅行を販売していることがあります。

ただ、こうした会社はあくまで「宿泊」と「航空券」をセットにしたパックを販売しているだけで、現地でのサポートなどは弱い場合が多いです。

特に価格面での利点があまりない、WDWへの旅行でツアーを利用する場合は、安心感を求める場合が多いのではないかと思います。

そういった意味で、サポートデスクや24時間受け付けの日本語電話サービスなどが充実していない、あるいはあったとしても丁寧に対応してくれそうにないところは避けるのが吉。

 

JAL PAKを利用すると、乗り継ぎ空港での日本人スタッフに寄るサポート、オーランド空港からホテルへの送迎とチェックインのサポートなど、各種のサポートが充実しています

また、WDW内にJAL PAKのデスクがあり、困ったときにはそこに駆け込めば、日本人または日本語が堪能な方に対応してもらうことができます。トラブルに巻き込まれてパニックに陥ったときは、まず何をしてよいのかすらわからなくなってしまいますから、このように「何があってもここに駆け込めば良い」という場所があるのは安心ですよ。もちろん、ちょっとこんなことがしたいんだけどどうすれば良いの? とか、このへんでおすすめのレストランは? とか、そんなちょっとしたことを聞くのにも使えます。

電話での24時間日本語サポートもあります。通訳がいなくて通じないときに、電話一本で間に入って翻訳をしてくれる、とか、そんなときにも頼れる存在。

 

大手が安心

小さな旅行会社にツアーの申込みをしてしまうと、旅行開始までに会社が倒産してしまった場合、支払った金額が戻ってこないまま旅行にもいけない…なんて事態になりかねません。

やはり、個人手配よりも少し高い金額を払って安心を買うわけですから国内でのトラブルの心配も排除したいところですよね。

旅行専業の会社であれば、JTB, HIS, 日本旅行、近畿日本ツーリストなど、大手の旅行会社を使うようにしましょう

 

JAL PAKは、日本航空(JAL)の運営ですから、そういった意味でも安心。

JALは一度、民事再生法の申請をしてしまった会社ですが、もちろんその時でもツアーは催行されていました。

資金繰りに困ったとしても、日本の国からしてもいきなり潰す訳にはいかない、潰してしまうと人の行き来や貨物輸送に影響が出て日本の経済に甚大な影響が出かねない会社です。

そういった意味では、旅行専業の会社よりも安心ですね。

 

航空会社が運営しているメリット

JAL PAKはJALが運営している旅行代理店です。実は、ここにも利点がありまして、通常の旅行代理店が催行するツアーの場合、エコノミークラスの座席の確保は安く簡単にできても、それ以外のクラスは確保できなかったり料金が大幅に上がってしまう場合が多いんです。

これは、各航空会社がツアー向けの格安料金をエコノミークラスには設定していても、それ以外のクラスには設定していない場合が多いからなんですが、航空会社が運営する旅行代理店であれば、その問題は回避できます。

JAL PAKでWDWに行く場合、通常であれば往復+10万円以上かかってしまうプレミアムエコノミーが、片道あたり+3万円、往復+6万円で利用できるんです。

これ、実はエコノミーで予約しておいて、当日空港で空席があった場合にプレミアムエコノミーにアップグレードするのと同じ料金なんです。ただ、この当日変更だとマイルなどはエコノミークラスの分しか貯まらないのですが、JAL PAKで事前に申し込めば、当日申込みの金額で事前に予約ができて、しかもプレミアムエコノミー分のマイルももらえるんです。

これはやはり、航空会社直営の強みですよね。

 

ちなみに、ANAにも旅行代理店はあるのですが、こちらはお高めです。大体、JAL PAKの3~4割増しといったところ。かつてはANAの方がサポートや対応が断然しっかりしていたのですが、JALが再建されてからはJALの対応がかなり良くなり、個人的には今はJALの方が対応が良いと感じています。

なので、これだけの価格差があるならJAL PAKの方がオススメです。

 

オプショナルツアーが充実している方が良い

1日で2パーク回ってさらにスーパーにも寄ったり、シーワールドやケネディスペースセンターの観光、はてはレストランの予約代行まで、様々なオプショナルツアーが存在します。

これに関しては各社様々なオプショナルツアーを用意していますので、この点で旅行会社を決める必要はないかもしれません。

1つ言えるのは、大手旅行会社のほうがオプショナルツアーも充実しているということ。

安心感を求める意味でも、やはりWDWのツアーは大手にすべきです。

 

出発前のサポートがしっかりしているところにしよう

WDWに行く場合、出発前にファストパスの予約やレストランの予約など、やらなければならないことがたくさんあります。

これをやるのに予約コードというのが必要になるのですが、旅行会社によっては直前までこのコードを教えてくれないことがあります。こうした予約を旅行会社が代行することで、オプション料金を取ろうとする場合があるんです。

そうなると、事前にファストパスの予約ができず人気アトラクションに乗れなかったり、人気のレストランを予約できずにキャラクターグリーティングの機会を逃したり、といった事になりかねません。

出発前に、こうした点もしっかりサポートしてくれる会社を選びましょう。

 

JAL PAKであれば、出発前であってもメールサポートをしてくれます。ここで予約コードも教えてもらえますし、ファストパスやレストランの予約でわからないことがあれば詳細に教えてくれます

また、「ダイニングプラン」というものを利用する場合は、別料金ではありますがレストランの予約代行もしてくれますよ。

ダイニングプランについて、詳しくは以下のページでご説明しています。

 



 

JAL PAKでの予約方法

いかがでしょうか。僕がJAL PAKをおすすめする理由はご理解いただけたかと思います。

JAL PAKはインターネットでの予約の方法がわかりにくい、という難点がありますので、以下でその詳細をご紹介しますね。

まずは、JAL PAKのサイトにアクセスしてみてください。

JALパック 海外ツアーを公式ページで検索する

 

こんなページに辿り着きますよね。

JALPAK_top

“https://www.jal.co.jp/intltour/”より引用

そうしたら、左側のメニューから黄色の矢印で示した「パッケージツアー」という項目を選択してください。

出発日はお好きな日程、出発地も国内のお好きな空港、到着地は「アメリカ」「オーランド」を選択してください。

それが終わったら、「検索する」をクリック!

とまりたいホテルが決まっている場合などは、左上に出てくる「検索条件」のところで詳しい検索条件を決めて、検索してあげてください。

 

あとは予約をするだけ。実は、最初のページにデフォルトで表示される「航空券+宿泊」を選択した状態では、オーランドのツアーが出てこないのでわかりにくいんですよ。

このあたりはぜひ改善してほしいですね。

 

 

 

長くなってしまいましたが、今回はツアーでWDWに行くメリット、さらにオススメのツアー会社として、JAL PAKをご紹介してきました。

いかがでしたでしょうか。

ツアーで行けば、海外ディズニーもそれほどハードルは高くありません。

是非チャレンジしてみてください!

 

 

次に読むのにオススメの記事

WDWに行くなら、今ココをご覧になっているそのタイミングが計画を始めるベストタイミングです! その理由は以下の記事でご紹介しています。

 

ツアーの手配が終わったら、ESTAの申請をしておきましょう。申請方法は順を追って、画像とともに以下のページで詳しくご説明しています。

 

WDW旅行に関するその他の記事は、以下のまとめページからご覧ください。