日本の遊園地が生き残るための確率論 ー 遊園地はなぜ潰れるのか Part 6

Happily Ever After開始1時間前の混雑写真

こんにちは、ricebag(@ricebag2)です。

この記事は、なぜ日本の遊園地は次々に潰れていくのか、というお話を経済面、人々からのイメージ、遊園地マニアとしての意見などを交えつつご紹介していくシリーズの第6回。

前回までに、日本の遊園地は新規投資が出来ないほどに余力がないこと需要に対して供給が多すぎることなどを見てきました。

今回は、遊園地の数は減らさずに、遊園地が生き残っていくためにはどうすれば良いのか、考えていきたいと思います。

 

 

とにかく来場客数を増やさなければならない

この記事でご紹介する手法の根本的な考え方は、ユニバーサル・スタジオ・ジャパンの業績をV字回復させたことで知られる森岡毅氏の著書「確率思考の戦略論」と根幹部分では同じです。

森岡氏のP&G時代の話も多数含まれていますが、主題は遊園地のマーケティングという極めて貴重な書籍ですので、遊園地の現状を憂う方はぜひお手元に。

この記事では、わざと難しい言葉が使われている感もある「確率思考の戦略論」よりは噛み砕いた表現をしていますし、この本には書かれていない考え方も含まれています。

 

さて、今回の目的は、「遊園地の売上をアップさせること」です。

そのための手段として取れるものは全て取りたいところですが、現状では新規投資は出来ないことを想定していますので、新規大型投資はナシ、というのがルール。

また、以前の記事でも書きました通り、現状では東京ディズニーリゾートという強大な敵に頭を抑えられているために、チケットの値上げは出来ない状況です。ですから、値上げもひとまず現状ではナシ

これだけの制約をかけて、遊園地に一体何ができるかを考えていきます。

 

遊園地の売上は、非常に単純化した式を書きますと、

(売上) = (来場客数) × (客単価)

で表すことができます。

値上げはしないお約束ですから、客単価が下がることはあっても、上がることは基本的にはありません。

ですから、来場客数をいかに増やすかが焦点

 

ちなみに、今回考えています遊園地の規模は

総アトラクション数: 30

そのうち、

  • 大型コースター: 1機
  • 中型コースター: 1機
  • 50 m級観覧車: 1機
  • 大型絶叫マシン: 4機

 

といった感じ。「東武動物公園」の遊園地部分、「としまえん」、「ひらかたパーク」くらいの規模を想定しています。年間来場者数は100万人くらい。

 

一方で、常に新規投資をしながら新たな顧客を呼び込み続けるためには、「富士急ハイランド」や「よみうりランド」くらいの来場客数がほしいところ。これらの遊園地は年間200万人以上が来場します。

というわけで、来場客数は客単価に変化がなければ200万人が目標です。

 

 

2. 来場客数を増やしたければ、万人受けを目指せ!

大行列のイメージ

まずは売上を求める式で出てきた、(来場客数)という項目をもう少し詳しく見てみましょう。

 

2.1 式を分解してみる

(来場客数) = Σ {(ある日、当該遊園地に行くことが少しでも頭に浮かんだ人) × (そのうち実際に遊園地に行く人の割合) × (その人が連れて行く人数の期待値)}

と書き下すことができます。

当たり前といえば当たり前なのですが、実はこの式展開が意外と重要な意味を持っていたりするのです。

 

まずは式の意味を説明しておきましょう。

(ある日、当該遊園地に行くことが少しでも頭に浮かんだ人)というのは、まさに読んで字のごとく。

お休みの日にどこかにお出かけしようと考えたときに、皆さんは頭の中でどう考えていますでしょうか。

いくつか可能性のある候補が頭に浮かんでは、コストや魅力などで却下し、最後に残ったところに行く。あるいは候補の中で最も魅力的なところに行く。そんな考え方をしていませんか?

ここでは、その候補に上がって速攻で却下されても構いません。とにかく候補に入れた人をすべてカウントしておきます

特にお子様のいる家庭なら、ほぼ必ず毎週末、候補にだけは上がるのではないでしょうか。たとえ金額や距離の問題ですぐに却下されたとしても。

 

(そのうち実際に遊園地に行く人の割合)というのもそのままです。

遊園地が候補に上がった人のうち、実際に行く人の割合です。

予想するのはなかなか難しい数値ですが、今回は戦略を考えるだけですので、必ずしも予想する必要はありません。

 

(その人が連れてくる人数の期待値)は、単に何人のグループで来場するか、というだけのものです。

来場するグループの数が変わらなければ、グループ内の人数が多ければ多いほど、その遊園地の来場者は多くなることになります。

 

これらをかけ合わせれば、ある日に来場する人の数がわかることになります。

それを365日分足し合わせれば、年間来場者数がわかるわけです。最初についているΣは、単に365日分足しましょう、というだけの意味です。

 

2.2 どう施策を打つべきか

さてさて、一般的に遊園地が来場者数を増やそうとするとき、大抵は(そのうち実際に遊園地に行く人の割合)を増やすための施策を打ちます。

例えば値下げもそうですし、新型アトラクションの導入も基本的にはそうです。

遊園地に行くという考えが思い浮かばない人には、TV番組で特集されるなどのことでもない限り、これらの施策では訴求することができません。

遊園地に行くという手札を持っている人が、その手札を使う可能性を高めているに過ぎないのです。

 

しかしながら、遊園地の対象は

  • 子供連れ
  • 小学校高学年~大学生

くらいだと一般に認識されてしまいがちです。

実際に遊園地に行くという発想が出てくるのも、これらの人たちが中心なのではないでしょうか。

ここに含まれる人々は、子供連れの両親まで含めても、日本の人口の僅か1/4に過ぎません。

前回の記事でも書きましたが、遊園地が200万人を集客するためには、商圏内の7割の人に、年に1回来場してもらわないといけません。

人口の25%しかいない人たちが来場する確率をいくら上げようと、到底目標には届かないのです。

 

ということは、基本的には(ある日、当該遊園地に行くことが少しでも頭に浮かんだ人)を増やしていかなければなりません。

要するに、ターゲットを広げていかなければならないのです。

  • これまで来場客数が少なかった、20代後半より上の世代
  • 現在の商圏からは外れたところに居住している人々

にも訴求していく必要があります。

遊園地で集客を増やすなら、万人受けを目指すべし!

 

 

長くなってしまいますので一旦ここで区切ることにして、具体策は次の記事で考えていくことにしましょう。

 

 

3. 次に読むのにオススメの記事

国内外の遊園地に関する記事、ローラーコースターに関する記事は以下のページにまとめています。

こちらからご希望の遊園地やコースターをお選びいただき、個別記事をご覧ください。