遊園地関係の記事です

遊園地

ローラーコースターはエネルギー保存則の代表例として説明されることがありますが、実際には走行するにつれて速度も高さも減っていきます。そうして減ったエネルギーはどこへ行くのか。エネルギーとは一体何なのか。詳しくご紹介。

遊園地

遊園地は科学や技術、歴史、経済などを結びつけながら学習するのに最適な場所です。行列に並んでいる間、お子様と一緒に考えてみることで、考えるクセをつけて思考力を鍛えていきましょう!

遊園地

ローラーコースター界は2000年代以降、停滞の時代に突入しています。これまでの100年以上 ...

遊園地

20世紀末、ローラーコースターは20世紀初頭の歴史を繰り返すことになります。立ち乗りやぶら ...

遊園地

円筒型レールの発明から20年。1975年に、約70年ぶりのループコースターが誕生します。な ...

遊園地

現代のローラーコースターは、ディズニーランドがなければ無かったかもしれません。ディズニーの ...

遊園地

1920年代には、アメリカに2,000ものコースターが作られたと言われています。その中には ...

遊園地

ローラーコースターの父とも呼ばれるジョン・ミラー。彼は、スリルと安全性をいずれも高めるよう ...



遊園地

としまえんには、1908年製の機械遺産「カルーセル・エルドラド」以外にも、貴重なアトラクシ ...

遊園地

ループにジャンプ、スピンに馬型。ローラーコースター黎明期には、様々なタイプのコースターが生 ...

遊園地

現代型ローラーコースターを世界で初めて作った人は、一体何を求めて作ったのか。人々にどういう ...

遊園地

まだ現代型のローラーコースターが発明される前は、貨物運搬用のすべり台や鉄道に乗ってスリルを ...