オーストラリアにもジョイポリス!? 【セガ・ワールド・シドニー】のパンフレット復元&アトラクション紹介 ー 今はなき遊園地のマップ復元シリーズ9

2018年7月22日

セガ・ワールド・シドニーのパンフレットアトラクション紹介面

こんにちは、ricebag(@ricebag2)です。

この記事では、かつてオーストラリアはシドニーに存在したジョイポリスの海外展開版「セガ・ワールド・シドニー」のパンフレットを復元しつつ、アトラクションのご紹介をしていきます。

 

この記事を読むとわかること

 

  • ジョイポリスは、90年台にも海外展開していた!
  • その驚愕の立地とは!?
  • 超好立地にどんなアトラクションを配置していたのか?

 

 

 

スポンサーリンク

1. セガ・ワールド・シドニーってなんだ!?

セガ・ワールド・シドニーのパンフレット
セガ・ワールド・シドニーのパンフレット。地図や毎日営業であることなどが書かれています。その他の長文は、ほとんど意味のないアピール文…。さすがにページ割きすぎです。

セガが経営していた屋内型アミューズメント施設といえば、「ジョイポリス」。

横浜、お台場(東京)、新宿、梅田、福岡、京都、岡山、新潟と大量出店したものの、現在ではお台場を除きすべて閉店してしまいました。

その割に最近は海外展開に積極的で、中国圏に2店舗出店して、比較的好調ということでも話題です。

 

なのですが、実は過去に海外展開に失敗したこともありました。

それがこの、セガ・ワールド・シドニー。ジョイポリスの名前を冠してはいませんが、おそらく現地向けにわかりやすく変更しただけのもので、内容はまんまジョイポリスです。

 

おそらくフランチャイズ展開の形態で、土地はオーストラリアの不動産屋さんが借り上げ、投資もかなりの額がその会社からなされたもの。

セガは末期には資本を引き上げていて、その不動産屋さんが営業を続けていたみたいです。

日本のジョイポリスを訪問して、感銘を受けた方がいらっしゃったんですかね。

 

1997年3月にオープン。2000年までにはSEGA自体は撤退するも営業を続けます。

2000年にはシドニーオリンピックがあったので集客が期待されたのですが、思ったように振るわず、それを見届けた上で2000年11月に閉鎖されてしまいます。

セガ・ワールド・シドニーの残骸
閉鎖後に残されていた、セガワールドの残骸だそうです。切ないですね。。。英語版のwikipediaより。https://en.wikipedia.org/wiki/Sega_World_Sydney

 

セガ・ワールド・シドニーは、なんと市役所やショッピング街、国際会議場、シドニー中央駅からもほど近い中心部に位置していました。

これだけの好立地でありながら集客が思うようにいかないということは、やはりジョイポリスは集客・広報面で問題があったのでしょうね。

セガ・ワールド・シドニーが入っていた建物
セガ・ワールド・シドニーが入っていた建物。この写真だけでも立地の良さがわかりますよね。やはり英語版ウィキペディアより。https://en.wikipedia.org/wiki/Sega_World_Sydney

セガ・ワールド・シドニーは、日本のジョイポリスとはちょっと集客の方向性が異なっていました。

日本のジョイポリスは、当初は「夜のエンターテイメント」的な雰囲気でデートスポットを中心に出店し、若者カップル狙いだったように思います。

一方で、セガ・ワールド・シドニーは当初から「家族連れ向けの施設」という売り出し方。現地メディアでも、「屋内版ディズニーランド」と紹介されていたようです。(ちなみに、「屋内版ディズニーランド」は「ディズニー・クエスト」という名前でアメリカに存在しました。)

日本の売り方よりはまだジョイポリスにハマっていたように思うのですが、それでも集客できないというのはちょっと残念です。

 

 

2. セガ・ワールド・シドニーのアトラクション

セガ・ワールド・シドニーのパンフレットアトラクション紹介面
パンフレットのアトラクション紹介面。アトラクションは横浜ジョイポリス+αといった感じです。

まずはアトラクションをリストアップしていきましょう。

  • レイルチェイス(日本名: レイルチェイス・ザ・ライド英雄復活編)
  • ゴーストハンターズ
  • VR-1
  • AS-1
  • マッドバズーカ
  • インディ500
  • アクアノーバ
  • マジックモーションシアター
  • ニコロデオン

この内、マッドバズーカまでは横浜ジョイポリスと全く同じ構成。詳しい紹介は横浜ジョイポリスの記事をご参照ください。

 

AS-1については、横浜ジョイポリスの記事に詳細情報がありませんので、福岡ジョイポリスの記事を、アクアノーバについては新宿ジョイポリスの記事をご参照ください。

 

マジックモーションシアターは、シドニーオリジナルとはいえ4Dシアタータイプのアトラクション。世界各地の遊園地・テーマパークに設置されているものですよね。

ニコロデオンは、Nickelodeonというアニメ専門チャンネルのキャラクターを使ったオリジナルアトラクション。自転車を漕ぐと映像が映る仕掛けだったり、子供が楽しめる遊び場風アトラクションだったと思われます。

 

レイルチェイス・ザ・ライド英雄復活編やマッドバズーカなど、横浜にしかなかったアトラクションを複数採用しているので、おそらくベースとなったのは横浜。マジックモーションシアターはIMAXライドフィルムの代替でしょう。

それに最新の4Dライド「アクアノーバ」を加え、さらに子供向けに集客力のあるアトラクションも追加した、といったところでしょうか。

基本を押さえた、楽しいパーク構成出会ったことは間違いないのですが、家族連れ向けにアピールするには、男の子要素が強すぎたか。

 

そんなわけでセガ・ワールド・シドニーは2000年に閉鎖、アトラクションもオークションにかけられてしまったそうです。

ゴーストハンターズとレイルチェイスは、それぞれ約500万円でインドのハエイランドというリゾートに売却され、現在でも稼働している模様です。

その金額なら、設置する場所さえあればローン組んででも欲しかった!

 

 

3. セガ・ワールド・シドニーはないけどオーストラリアに行こう!

今はもうセガ・ワールドはありませんが、オーストラリアはワーナー・ブラザーズのテーマパークをはじめとして、ここにしかないテーマパーク、遊園地がたくさん!

特にゴールドコースト周辺には、これでもかというほどに遊園地が密集しています。

僕の感覚では、ロス、東京に次ぐほどの遊園地密集地帯。

是非一度、足を運んでみてください。

オーストラリア旅行は、例えばJTBのオーストラリアツアーなら5日間で10万円以下の価格からありますよ!

 

 

4. 次に読むのにオススメの記事

同じく潰れてしまったジョイポリスのうち、1号店に当たる「横浜ジョイポリス」については以下の記事で詳しいアトラクションの紹介、マップの復元を行っています。

 

潰れた遊園地のマップシリーズを含む、遊園地関係の記事は以下のページにリストアップしています。

こちらを眺めていただいて、気になる遊園地がありましたら個別の記事も是非読んでいかれてください!