プール! ショッピング! パーク! サーカス! -盛りだくさんのWDW旅行4日目まとめ

2017年8月21日

こんにちは、ricebag(@ricebag2)です。

この記事では、2017年のウォルト・ディズニー・ワールド(以下WDW)旅行4日目に行ったことをまとめています。

 

朝からブリザード・ビーチというプールに行き、昼頃に着替えるために一度ホテルへ。

その後、エプコットで2つほどアトラクションに乗り、直通バスでショッピング施設のディズニー・スプリングへ。

食事をしたりお買い物をしたり、はたまたシルク・ドゥ・ソレイユのサーカスを見たり、ディズニー・クエストという屋内アミューズメント施設で遊んだり。

中日でゆっくりする予定が、ガッツリ遊び尽くすことになってしまいました。

この記事では、各施設の到着時刻などを含めて、どのくらいのペースで回ればこんなに遊べるのかわかるように気を配りつつ、各施設の紹介記事へのリンクをまとめています

 

 

1. ブリザード・ビーチでウォータースライダーを堪能!

WDWブリザード・ビーチのエントランス
ブリザード・ビーチのエントランス。ちょっとそっけない作りな気もしますが、フロリダにできたスキーリゾートをイメージしていますので、そのテーマにはピッタリ!

まずは、朝からブリザード・ビーチというウォーターパークへと向かいました。

WDWにはタイフーン・ラグーンとブリザード・ビーチという、2大ウォーターパークがあるのですが、タイフーン・ラグーンは波のプールがメイン、ブリザード・ビーチは巨大スライダーがある、という違いがあります。

今回は、スライダーを求めてブリザード・ビーチへ。

 

ブリザード・ビーチは朝のエクストラマジックアワー(EMH, 直営リゾート滞在者のみ通常より1時間早く入れるシステム)がないので、この日は10時のオープンに合わせて出発します。

9時過ぎのバスに乗って向かおうと思ったのですが、待てど暮らせどブリザード・ビーチ行きのバスが来ない…。

それもそのはず、我々が宿泊していたポートオーリンズリゾート・フレンチ・クオーターからは、ブリザード・ビーチへ直通のバスが出ていないのです!

 

9時30分頃になると、ようやくブリザード・ビーチ行きの表示が現れますが、やってきたバスはもちろん乗継便。アニマル・キングダムで乗り換えてね、と表示されています。

それなら最初っからそう言ってよ!

皆様も、ほとんどのホテルからプールへの直通バスは出ていませんのでご注意ください。

タイフーン・ラグーンへはディズニースプリング乗り換え、ブリザード・ビーチへはアニマル・キングダム乗り換えです。

 

というわけで、ブリザード・ビーチへ到着したのはパークオープンした後の10時15分頃

ちょっと遅くなってしまいましたが、まずはビーチチェアを確保して荷物をくくりつけた後、ほとんどすべてのスライダーを楽しんできました!

高さ・速度ともに世界第3位のスライダーや、浮き輪に乗っておよそ900 mのコースをのんびりプカプカ30分たゆたう流れるプールなど、楽しいアトラクションが満載のプールです。

詳しくは、以下の記事でご紹介しています。

 

 

2. 一度ホテルに戻って着替え

WDWフレンチクォーターのメイン通り
ホテルのメインの通り。WDWに来てから、はじめて昼間にここを通りました。結局昼間に散策できたのは、これが最初で最後…。

お昼ごはんまでプールで食べて、13時頃に脱出

あまりの暑さに1日プールは耐えられません。

 

14時前にはホテルに戻ってきて着替えをします。

なんと、水着で行って水着で戻ってきたのです。

暑いし湿度もそれほどでもないので、すぐに乾いちゃいますから、砂だけ落とせば問題なくバスに乗れるんです。

 

ホテルでのんびり着替えをして、14時10分頃にはホテルを出発!

プールにFast Pass+はありませんので、余ったFast Pass+の枠で、エプコットのアトラクションを押さえてあったのです。

エプコットはかなり広いパークなので、1日では回りきれないと踏んだわけです。

エプコットのパークについては、5日目の記事で詳しく解説していくことにして、ここでは簡単に体験したアトラクションだけご紹介していきますね。

 

 

3. ミッション・スペースでグロッキーに!

まずは、バスでエプコットへ。

フレンチ・クオーターとエプコットは比較的近いので、14時45分頃にはパークに入場することができました。

WDWエプコット4日目入場
来たぜ、エプコット! 正面の球体がシンボルのスペースシップ・アース。植栽のお祭りも開催中ですので、生け垣にはディズニーキャラクターたちがいます。

 

もうすでに1つ目のFast Pass+は失効している時間ですので、まずは2つ目のFast Pass+から使っていきます。

アトラクションは、「ミッション・スペース」。

このアトラクションは、宇宙空間でのミッションをこなすというゲームタイプのもので、凄まじいGがかかる中ミッションをこなさなければならない、かなりハードなアトラクションです。

あくまでスリルではなくハードさなのですが、ハードさで言えばディズニーパーク1位間違い無し、というくらい抜群に激しいアトラクション

詳しくは以下の記事でご紹介しています。

15時頃にアトラクションに到着して、17分ほどで外に出てきました

 

 

4. 爽快! ソアリンで世界旅行

あまりにも激しかったので、かなりグロッキー。

このまま次のアトラクションに向かうのはシンドいので、まずはClub Coolへと向かいます。

ここでは、世界各国のコカ・コーラ社製変わり種炭酸ドリンクを、無料で好きなだけ試飲できるんです!

WDWエプコット「クラブクール」
クラブクールのドリンク。日本のものだという「ベジータベータ」すら見たこと無いというマニアックなラインナップ。

アトラクションに酔った状態だと、ホントにオアシスのような存在です。

個人的には、苦味のあるイタリアのBeverlyや、ガラナ系のブラジルKuatあたりが美味しかったです。

 

しっかりリフレッシュしたところで、ランド館の「ソアリン」へ。

今度は酔わないゆったりとしたタイプのシミュレーションライド。ほんの少し上下に揺れるだけなのに、ものすごくハイクオリティな映像のお陰で、本当に世界中を飛び回りながら冒険している気分になれる、すんごいアトラクションです。

詳しくは、以下の記事でご紹介しています。

 

アトラクションには15時40分頃到着、16時前には出てきました

 

 

5. ディズニー・スプリングスへ。アール・オブ・サンドイッチで腹ごしらえ!

この日は、18時~のシルク・ドゥ・ソレイユを予約してあります。

というわけで、このあとはディズニー・スプリングスへ。

各パークからディズニー・スプリングスへは、13時以降は直行バスが出ていますので、直接向かっちゃいます。

エプコットからディズニー・スプリングスへのバスは、直営リゾート外のバス停留所と同じ、日なたにあります。

暑い。暑すぎる…。

疲れ具合によっては、しばらく日影で休んで、バスが来るのが見えてからバス停に向かったほうが良いかもしれません。

 

というわけで、16時45分頃にはディズニー・スプリングスに到着。

のんびりしている時間はありませんので、一目散にアール・オブ・サンドイッチへと向かいます。

WDWスプリングス「アール・オブ・サンドイッチ」外観
アール・オブ・サンドイッチの外観。ディズニーグッズのショップが集まる「マーケットプレイス」エリアにあります。

ここは、サンドイッチを発明したと言われている4代目サンドウィッチ伯爵の子孫が創業したお店。

とっても美味しいホットサンドイッチを、比較的お手頃な価格で頂くことができます。

詳しくは、以下の記事でご紹介していますよ。

17時15分過ぎには早めの夕食を食べ終えて、ラ・ヌーバ専用の常設劇場へと向かいます。

 

 

6. シルク・ドゥ・ソレイユ「ラ・ヌーバ」鑑賞! 圧倒されっぱなしの90分

シルク・ドゥ・ソレイユの劇場は、ディズニー・スプリングスの中でもアール・オブ・サンドイッチとは反対側。

普通に歩いても15分ほどかかっちゃいます。

まだ時間はありますので、途中でユニクロを見たりしつつ、のんびりと向かいます。

 

ウィンドウショッピングを楽しみつつ歩いていると、いよいよ見えてきました!

WDWディズニー・スプリングス「ディズニー・クエストとシルク・ドゥ・ソレイユ」
ディズニー・スプリングス最果ての地。左の青いのが「ディズニー・クエスト」、奥がシルク・ドゥ・ソレイユ常設劇場です。

17時40分頃に劇場に到着しました。この頃はまだ、座席指定制でしたのでゆっくりで大丈夫だったんです。現在はカテゴリー内での自由席になっているようですので、ちょっと早めに行動したほうが良さそうですよ。

シルク・ドゥ・ソレイユ第3の常設劇場として作られた、ディズニー・スプリングスの劇場。

現在上演されているラ・ヌーバは、舞台装置よりも人の体の力に注目したタイプのサーカスショー。

一つ一つのパフォーマンスは驚くほどにレベルが高いですし、それら全てのパフォーマンス、幕間の寸劇や歌などが、音楽に合わせてシームレスにつながっていて、わずかながらストーリーもあります

しっかりショーエンターテイメントとしても楽しめる新世代のサーカス。

2017年末で終演になってしまいますが、機会があれば是非ともオススメしたいエンターテイメントです。

詳しくは、以下の記事でご紹介していますよ。

90分間のショーですので、19時30分には出てきました

 

7. ぎりぎりで間に合った!! ディズニー・クエスト

今日は早めに帰ろうかな、と思って出てきて右手を見てみると、ディズニー・クエストが開いている…?

実は、この時点では2016年末で閉鎖されたという情報だけが入っていて、公式HP上にもそう記載されていましたので、営業期間が延長されたことを知らなかったのです。

結局2017年の7月2日をもって閉鎖されてしまったようですが、このときは滑り込みで入ることができました。

 

しかも、入り口で「Water Park」チケットで入れるか聞いてみたところ、OKとのこと。

タダなら入らないわけにはいきません。

 

ディズニー・クエストは、日本で言うジョイポリスのような屋内型のアミューズメント施設

ディズニーランドの有名アトラクションを、自らの身体を使いつつ体験するというのがテーマになっているパークなんです。

トイ・ストーリー・マニアの原型になっているアトラクションもあったり、かなり楽しい施設だったんですよ。

詳しくは以下の記事でご紹介しています。

わずか1時間ほどでガッツリ遊んで、20時45分には外に出てきました

 

 

8. 船着き場に向かいつつショッピング!

夜も更けてきましたので、そろそろお土産物を買いつつ、ホテルへと戻る船着き場へと向かいます。

なんと、ポートオーリンズリゾートはボートでディズニー・スプリングスへアクセスできるのです!

が、船着き場はシルク・ドゥ・ソレイユやディズニー・クエストがあるのとは反対側の端。フラフラショッピングしつつ向かうことにします。

 

ディズニー・スプリングスには、世界最大のディズニーグッズのショップを始めとして、ここでしか買えないディズニー関連商品や、その他様々なブランドショップ、ファストファッションなどのショップが並びます

WDWディズニー・スプリングス、倉庫型アーケード
ディズニースプリングスにあるアーケード型ショッピング施設。倉庫風の作りがステキですね。

さらにさらに、アメリカを代表するスイーツ店やバーなど、飲食関係も目白押し。

詳しくは、以下の記事でご紹介しています!

結局22時30分位までショッピングを楽しんじゃいました!

 

 

9. 船に乗ってホテルへ

帰りは、マーケットプレイスの端っこにある船着き場から、ポートオーリンズリゾート・フレンチ・クオーターへとボートで戻りました。

こんな感じの船着き場から、

WDWディズニー・スプリングス「ポートオーリンズリゾートへの船着き場」
ポートオーリンズリゾートへの船が発着する船着き場。ディズニー・スプリングスとサラトガ・スプリングスをつなぐ橋の上にあります。

こんな感じのボートに乗って、

WDWディズニー・スプリングス「ポートオーリンズリゾート行きのボート」
ポートオーリンズリゾートへのボート。水路をゆったりまったり進んでいきます。

20分ほどかけてフレンチ・クオーターを目指します

リバーサイドは停泊所によって30分近くかかる場合もありますので、要注意。

 

フレンチ・クオーター側の停泊所。

WDWフレンチ・クオーター「ディズニー・スプリングスへの船着き場」
フレンチ・クオーターの船着き場。暗くて見えづらいですが、やはりフレンチ・クオーターっぽい装飾になっています。

帰ってきたのは23時過ぎ。

明日は朝からユニバーサルに向かいますので、早く寝なければ!

 

 

ということで、この日の夜はこれでおしまい。

朝はプール、昼はパーク、夕方はサーカス、夜はショッピングと大充実の1日でした。

 

 

10. 次に読むのにオススメの記事

WDWに関するすべての記事は以下のページにまとめています。あわせてご覧ください。