旅行に出る前に、ビーアワゲスト(Be Our Guest)などウォルト・ディズニー・ワールド(WDW)レストランの注文をしてしまおう!

2017年7月10日



こんにちは、ricebag(@ricebag2)です。

ウォルト・ディズニー・ワールド(WDW)にあるレストランの一部は、なんと30日前から食事する内容の予約ができてしまうんです!

注文にかかる時間を節約するためだったり、あるいはアレルギー食品や苦手な食品をあらかじめ取り除いてもらうリクエストをしたり。

そんな便利な使い方もできる、WDWレストランのプレオーダーシステムをご紹介していきます!

 

 

スポンサーリンク

1. レストランの事前予約システムとは

現在のところ、マジックキングダムにあるビーアワゲスト(Be Our Guest)レストラン唯一の対応レストランです。

このレストランは、朝と昼は「ファストフード」に相当するような「クイックサービス」と呼ばれるレストラン、夜は日本で言う「レストラン」に相当する「テーブルサービス」のレストランと姿を変えますが、朝から夜まで予約可能、いえ、予約必須の大人気レストランです。

レストランの予約方法については、以下の別記事で詳しくご紹介しています。現地到着の180日前から予約可能になりますので、早めに予約しておいてくださいね!

 

このレストラン、クイックサービスでの提供となるお昼は、注文方法が少々変わっています。

実は、ダイニングスペースに入る前にタッチパネルの端末で注文をして、席に着くシステムなんです。

そしてなんと、自分で適当に選んで座った席に、どこからともなく料理が運ばれてきます。

番号札とか無いんですよ! 何も持たずに広~いダイニングスペースの1席を選んでも、料理が運ばれてきちゃうんです。

この魔法のようなシステムですが、タッチパネルでの注文に少し時間がかかりますので、どうしても注文待ちの行列ができてしまうんです。

せっかく予約していっても、注文待ちの列に並んで時間がかかってしまうのでは意味がないですよね。

 

そこで作られたのが、この事前にオンラインで注文をしていくシステム。

これを使うと、予約した時間にレストランに行って、適当な席に座るだけでお料理が運ばれてくるんです!

注文する時間の節約になるだけでなく、より魔法感をアップさせてくれるシステムですから、使わない手はありません。

以下で予約の方法を詳しくご紹介していきます。

 

sponsored link



 

2. メニューの予約方法

 

以下の予約方法は、ご自身でレストランの予約をされたか、旅行会社に依頼した上でご自身のアカウントとの紐付けを完了されている方向けの情報です。

旅行会社にホテルやチケット、レストラン予約などの依頼をされた方は、まずは旅行会社にご連絡の上、滞在全般に関わる「確認番号」というものを入手し、WDW公式サイトのアカウントに紐付けを行うという作業が必要です。詳しくは、予約をされた旅行会社に問い合わせてみてください。

1つ1つの予約代行作業で手数料を取るため、確認番号を開示しない旅行会社もあります。ある程度ご自身でWDW滞在のカスタマイズをされたい方は、個人での旅行手配がオススメです。

 

それでは、予約をはじめていきましょう。

まずはいつも通り公式サイトにアクセスし、My Disney Experienceのアカウントにサインインします。

MyDisneyExperienceへのアクセス方法

“https://disneyworld.disney.go.com”より引用

 

ホテルやレストランの予約が済んでいる方なら、サインイン後に下の方にスクロールすると、滞在中各日程の予定が表示されているはずです。

表示されていなければ、アカウントと予約との紐付けがされていませんので、紐付け作業を行ってください。

 

残り30日を切ると、レストランの予約の下に「Place your order」という項目が表示されるはずです。

Be our guestレストランPlace your orderの表示
30日前以降に、レストラン予約の下に「Place your order」という項目が表示されて、注文予約ができるようになる!

画像は”https://disneyworld.disney.go.com”より引用

 

「Place your order」という表記を発見したら、早速クリックしてみましょう!

すると、メニューと金額のリストが出てきます。

Be-Our-Guest事前注文のメニュー
メニューと金額のリスト。食べたいメニューをクリックすればOK。

画像は”https://disneyworld.disney.go.com”より引用

英語で、しかもちょっと高尚だったり口語的だったり、あるいは詩的だったりする表現が使われていますので、メニューの内容がわかりにくいかもしれません。

でも大丈夫。メニュー名をクリックすると、画像が表示されます

画像とGoogle翻訳などを駆使して、頑張って好みのメニューを探し出しましょう。

 

ちなみに、Be Our Guestレストランのランチメニューは、2017年4月現在のメインだけをリストアップしますと

  • Braised Pork: 豚の煮込み(ポークシチューのイメージに近いと思います)
  • Carved Roast Beef Sandwich: ローストビーフサンド
  • Croque Monsieur: ハムとチーズとクリームソースのサンドイッチ
  • Vegetable Quiche: 野菜のキッシュ(茶碗蒸しの中身をパイ生地に乗っけて焼いたような料理)
  • Quinoa Salad: キヌア(ぷちぷちした食感の雑穀の一種です)+サラダ
  • Tuna Niçoise Salad: ツナ(多分カツオ)のたたきポーチドエッグ乗せのニース風サラダ
  • Carved Turkey Sandwich: ターキー(七面鳥)のサンドイッチ

といったところ。比較的クセのない食べ物が並んでいますが、安全に行くなら豚の煮込みがサンドイッチ系、キッシュあたりでしょう。

アメリカの食事ではいつものことなのですが、サイドディッシュとしてマッシュポテトやフライドポテトが付くものの、パンやライスはありません。

そういう意味では、日本人の食事としてはサンドイッチが無難かも。

 

メニューを選択すると、画像と好みを選択する画面が表示されます。

Be-our-guestのメニュー詳細画面
ソースの有無、トッピングの有無と、サイドディッシュを選択して緑のボタンを押しましょう! サイド2品目はグリンピースではなく、インゲンでした。すみません。

画像は”https://disneyworld.disney.go.com”より引用

 

この画面では、ソースやドレッシングの有無(tossedというのはドレッシングなしの意味です)、好き嫌いのある食材を入れるかどうかを選択します。

さらに、サイドディッシュが選択できる場合にはそちらも選択。

ローストビーフサンドの場合には、ホースラディッシュ(西洋わさび)ソース、トマトとルッコラの有無を選択して、サイドはフライドポテトまたはインゲンからの選択でした。

Add to Orderをクリックすると、画面右側のオーダーリストに追加されます。

 

人数分のメインやドリンク、必要であればスープなどのメニューを追加したら、あとは注文ボタンをクリックするだけです。

Be-our-guest事前注文の注文ボタン
注文が終わったらReview orderボタンをクリックして、注文の確認へと進みましょう

画像は”https://disneyworld.disney.go.com”より引用

 

確認画面はそのまま右下の緑のボタンを押せばOK。

Be-our-guest事前注文の確認画面
注文確認画面。右下の緑のボタンを押しちゃいましょう!

画像は”https://disneyworld.disney.go.com”より引用

 

注文内容は、同じ手順で何度でも変更できますし、お支払は予約の当日現地での支払いですので、気兼ねなく注文ボタンを押してしまって大丈夫ですよ!

 

あとは当日、予約した時間にレストランに行けば、注文の列をすっ飛ばして席につくことが出来ます。

そしてスタッフに案内されたわけでもないのに、座った席に注文した料理が運ばれてきます。

このシステム、ちょこっとだけ説明をしてあげればお子様でも凄さがわかるはずですし、凄さがわかればディズニーの魔法の虜になるはず!

メニューがちょっとややこしいのですが、ぜひ事前注文にチャレンジしてみてください。

 

 

3. 次に読むのにオススメの記事

ご覧になっておわかりかと思いますが、アメリカという国はたとえ「サラダ」と名のつく料理を注文しても、一緒についてくるツナのたたきや穀物の方が多かったりする国で、ディズニーのレストランも例外ではありません。

こんなところに1週間も滞在すれば、確実に野菜不足になります。

野菜不足による体調不良を防ぐためにも、あらかじめ万全の準備をして向かいましょう。野菜不足の対策方法は以下の記事で詳しくご紹介しています。

 

その他、WDW旅行の準備や旅行記などの記事は、以下のページにまとめていますのであわせてご覧ください!